大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

サウナの達人

2012年03月22日 [ カテゴリー: 雑感 ]

僕がよく行く温泉に「サウナの達人」がいる。

勝手にそう呼んでるだけなんですが。

従業員の女性。失礼ながら、年齢はそんなに若くはない(ように見える)。

その人が「バスタオル交換しま~す」と入ってくると、全員が一斉に立ち上がる。

ここまではフツーだが、実にテキパキとお客さん全員が古いバスタオルを集め、

新しいバスタオルを敷き詰める。

この前「ボーっとしてねぇで、兄ちゃん、ほら」って常連のお父さんに怒られている

若者がいた。それぐらいみんな動く。

達人はテキパキと集められた古いバスタオルを畳む。入口の一枚をササッと整え、

「今日もご協力ありがとうございました~」作業は実に短時間で終了する。

さて、どこが達人か?

この方はとにかく常連さんたちの情報に強い。

作業しながら

「○○さん、この前~~はどうだった?」

「●●さんは明後日まで出張だから」

「△△さん今日は遅いわね・・・・・あ、夜勤か」

とか。オジサマたちはそんな他愛もない会話から、やがて口説きモードに入る 笑

すげぇなぁ・・・・・と思いながら見ていたが、なんとなく達人の達人たる所以が最近

見えてきた。

とにかく脱衣所での声かけが多い。しかもオジサマ、若者、おじいさま問わずだ。

今日は暑いだの寒いだの、ロッカーが使いにくい位置でごめんなさいだの、

それ何のユニホームなの?だの。

ほんの一言だが、必ず最後に

「ゆっくりしていってくださいね」

「ゆっくりできました?」

ときて、ニコっと笑顔を向けてくれる。

重ねて言うが、お若い方ではない。むしろ「看板熟女」だ。

だが、女性がいかにサービスに適しているかを体現なさってるような方だ。

女性として、最大の武器「笑顔」を実に効果的に使ってらっしゃる。

ついつい「ありがとう」と言ってしまう。イヤミが無いのだ。全く。

あんなにニコっと微笑みかけられて、イヤな人はいるわけがない。

「弟子もずいぶん仕事覚えてきたけど、愛嬌がもうちょっとやな」とか、達人に

若い女性従業員について苦言を呈するオジサマも時々見る 笑

市井の達人の妙技をを目の当たりにすると、それはそれは気分がいい。

あんな自然な声かけを出来るようになれればいいな、と最近素直に思う。

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP