大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

過去を肯定し、現在を否定する

2012年02月23日 [ カテゴリー: 仕事 ]

他人のアドバイスが耳に入らない人は、得てしてこれが出来ない。

なまじ実績があるもんだから、過去の成功体験と現実のギャップを「誤差」と言い切る

材料を探す。

あるいは「わかってる」と一刀両断。その根本のズレみたいなものから目を逸らす。

変えちゃいけないモノがあるとすれば、倫理観ではないかと最近思う。

目的を達成する事に執心して、都合よく倫理観を覆してはいけない。

やってる事の価値が下がる。これは絶対にダメ。

価値観は多様に変化すべきではないかと思う。それが所謂「マインド」というヤツ?

つまりここは状況に応じて新たな発見・創造をするべき分野。

お客様に喜んでいただける事、お客様にとって便利な事は、事業分野が成熟する

につれて多様化して当たり前。

「ありません」「出来ません」は敗北に等しい。

さて、じゃあこの仕事に携わるわれわれは自分のスタンスをどうとるべきか。

倫理観は主観的、価値観は客観的でなければ。

倫理観は主観的に、という事は、大事にするモノは変えないという事。

価値観は客観的に、という事は、今求められているモノに敏感であれという事。

これまでの歴史としての過去は肯定。過去は変わらない。その時やってきた

事が幸運にも支持されたからこそ結果が出たわけで。

ところがニーズやマインドといったモノは残念ながら変化する。素早く対応するため、

常に現在のジブンを否定する勇気がいる。昨日の正解が今日も正解なのか。

明日は正解が変わるんじゃないか。

出来るかな・・・・・出来なきゃね・・・・・反省。

だからこそ自分以外の誰かの客観的な指摘が必要なんです。

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP