大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

2012 2月

久しぶりに・・・・・

2012年02月28日 [ カテゴリー: ひと ]

数年前に出産のため休業していたTさんと久しぶりに会いました。

へぇーもうそんなになるか・・・・・と思いましたがかわいいお子さんも大きくなって、

この春から保育園に入れて職場に復帰したいとの事。

感慨深いハナシじゃないですか・・・・・

もう一度詳細は詰めてからになりますが、もちろん大歓迎です。

経験のある人がそれを活かして復帰してくれると、やりたい事、やらなきゃ

いけない事のスピードが上がります。

それもそうですが、また働く場所に選んでくれた事がうれしい。

女性が半数以上の我が社ですが、産休→職場復帰はこれで二人目です。

これから結婚、出産を迎える人達にとっても大きな道標になる事でしょう。

上手に家庭と仕事のバランスをとって、楽しみながら仕事の勘を取り戻して下さい。

育児はやっぱり大変だ・・・・・

いろいろハナシをしましたが、女性はスゴイ!!

尊敬してます・・・・・

無事入稿

2012年02月27日 [ カテゴリー: 雑感 ]

来期の経営計画書を入稿しました。

毎年の作業とはいえ、細かい点まで見ればなんと書き直すべき部分が多い事か・・・・・

それだけ周囲の状況も自分達の周りも変化しているという事でしょう。

気づく事が増えているのはありがたい事です。

そうすると、文章の詳細にまで手直しが入る。

日頃思う「こうあるべき」って飲み屋で語ってる分にはカンタンなんですが、

ひとまとまりの文章にしようと思うとなかなか難しい。

文章にした事を実務レベルの実行スケジュールにするのが更に難しい。

スケジュールを今日も明日も明後日も淡々と実行するのが更にもう一段難しい。

結果を積み上げて修正しながら予定した結果に持っていくのは、もっともっと難しい。

それでもやらなきゃいかんのです。

来期の幸せをカタチにするための計画だからです。

過去を肯定し、現在を否定する

2012年02月23日 [ カテゴリー: 仕事 ]

他人のアドバイスが耳に入らない人は、得てしてこれが出来ない。

なまじ実績があるもんだから、過去の成功体験と現実のギャップを「誤差」と言い切る

材料を探す。

あるいは「わかってる」と一刀両断。その根本のズレみたいなものから目を逸らす。

変えちゃいけないモノがあるとすれば、倫理観ではないかと最近思う。

目的を達成する事に執心して、都合よく倫理観を覆してはいけない。

やってる事の価値が下がる。これは絶対にダメ。

価値観は多様に変化すべきではないかと思う。それが所謂「マインド」というヤツ?

つまりここは状況に応じて新たな発見・創造をするべき分野。

お客様に喜んでいただける事、お客様にとって便利な事は、事業分野が成熟する

につれて多様化して当たり前。

「ありません」「出来ません」は敗北に等しい。

さて、じゃあこの仕事に携わるわれわれは自分のスタンスをどうとるべきか。

倫理観は主観的、価値観は客観的でなければ。

倫理観は主観的に、という事は、大事にするモノは変えないという事。

価値観は客観的に、という事は、今求められているモノに敏感であれという事。

これまでの歴史としての過去は肯定。過去は変わらない。その時やってきた

事が幸運にも支持されたからこそ結果が出たわけで。

ところがニーズやマインドといったモノは残念ながら変化する。素早く対応するため、

常に現在のジブンを否定する勇気がいる。昨日の正解が今日も正解なのか。

明日は正解が変わるんじゃないか。

出来るかな・・・・・出来なきゃね・・・・・反省。

だからこそ自分以外の誰かの客観的な指摘が必要なんです。

RF(リフレッシュ)休日

2012年02月22日 [ カテゴリー: 仕事 ]

当社にはRF休日という制度があります。

①5日間の連休である事

②期間中は電話・メールとも連絡禁止

③全て段取りして(予測できる仕事のお願い先と内容をまとめて)一覧表提出

④社長面談で報告

これ全部終えるとRF休日手当として5万円が支給されます。

先日僕も初めてこれをとりました。

ホントは役員・部門長を含め全員がとらなきゃいけないんですが、どうにも毎年

都合がつかなくて・・・・・

まずは段取り力が問われるので、そもそも5日間くらい会社を空けてもまるで支障の

ないように仕事の仕組みを作っておかなければいけません。

モノ・情報のやりとりのルートがオープンになってないといけません。

つまり「私しか出来ない、わからない」って仕事をなくすのが目的です。

僕の周りについては、まだまだ検討すべきが山積みですが・・・・・

それはともかく、初のRF休日はヒジョーに良かった。

前半は古い友人との再会でした。2日連続で高校の友人、大学の友人と飲み会。

後半は次男の小学校入学にそなえ、子供部屋作りのための模様替え。

嫁と二人で四苦八苦しながら、なんとか子供専用のベッドと勉強机を収めました。

仕事から離れて、仕事では接点の無い友人と仕事のハナシをしてたり。

そろそろぼちぼち・・・・・って感覚で戻れるのが、ちょうど5日間くらいなのかも。

これができるのも留守を守ってくれるみんなのおかげですから、それが実感できる

のもまたこの制度のいいところなのかもしれません。

おかげでリフレッシュしてもどってきました。

みんなありがとう!!

切ない話

2012年02月21日 [ カテゴリー: 仕事 ]

転職を予定しているある方とお話しました。

ご家族を連れて心機一転大分に帰郷して10年。

ご自身では全く経験の無かった業界に身を投じて「お客様に教わりながら」必死で

やってきたと。

自分は経験の浅い分、熱意と努力で仕事をするんだと、覚悟を決めて確信犯的に

ご家族との時間も犠牲にしつつ。

業界の地殻変動で役所関係から民間に受注がシフトし、細やかな対応を心がけ

朝早くから夜も遅くまで。誰にも頼めないと思えば時には深夜、早朝まで一人

会社に残って一つ一つを仕上げてきたと。

つきあいも仕事のうちで、平日にゴルフに誘われる、夜は飲みに誘われる、休日の

緊急があればかけつける。娘さんに「母子家庭かと思ってた」なんて痛烈な

皮肉も言われながら。

営業という仕事柄、同業種異業種問わず他社に赴くたび、振り返って我が社を見ると

募る焦燥感。「変わらなきゃ」とは思うものの、ご自身の立場を顧みてグッと口を噤む。

がんばればきっと良くなると信じて頑張ってきたが、ある上司の一言でプツッと

何かが切れてしまった、終わってしまった、と。

声なき声というのは、きっと我が社にもあるだろう。

「立場の違い」と声を荒げても仕方がない。

見える未来が見えてなければ、頑張る気力そのものが湧かない。

頑張る先に何があるのかを、もっと明確にしなければいけない。

反省です・・・・・

整理整頓

2012年02月10日 [ カテゴリー: 仕事 ]

この前Facebookで思いの外ご覧頂いた方からのご意見を頂戴したのが「書類整理」

横積みにするのは効率が良くないな・・・・・というハナシから様々なお知恵を

寄せていただきました。

整理整頓とは何であるか?

業務効率化の一部です。おそらく。

何を効率化するか?

「探す手間」です。必要なモノがパッと取り出せる状態が正解です。

ある方に教えて頂いたんですが、平均的なサラリーマンが1年間のうち書類を

探している時間は、通算すると6週間分になってしまうとか・・・・・

業務効率化の最優先事項は時間短縮ですから、これはいけません。

書類にしろ、PC内のデータにしろ、要らないモノが多過ぎるのが原因です。

書類もデータも、また悪い事にパッと見は全然区別がつかない。

分類とラベル(タグ)付けが大事になってくる。

その前に、よく言う「半年着なかった服は捨てても困らない」の理屈で、

要らないモノを捨てて必要なモノだけになれば、分類すら要らなくなるかも。

もちろん「要る」「要らない」のハッキリした定義がなければ出来ませんが。

「もしかしたら役に立つかも・・・・・」なんて思いがジャマするからです。

一日二日かけてでもやる価値がありそうですね。

Done is better than perfect

2012年02月07日 [ カテゴリー: ひと ]

Facebook創始者のマーク・ザッカ―バーグさんのコトバです。

「完璧を目指すよりまず終わらせろ」

いろんな意味が含まれてると思います。

① 完璧にしようと思ってウンウン唸ってるより早く始めりゃ答えが出るよ!!

計画にはどうしても試算に向いてない部分がある。

リスクや成功・失敗の基準を明らかにした上で、試しながら改善だと。

② 分かんなきゃ早目にたたき台のアイデアで議論しようよ!!

行き詰ったところで悩んで悩んで妙案が浮かぶ・・・・・

そんな事があれば幸せですが、たいてい無い。

じゃあ、早目に仕上がったところまでで他人の意見を採り入れた方がいいと。

ジブンじゃ気づかない所が見つかるだけでもたいした進歩だと。

③ 早くやんないと誰かにやられちゃうぞ!!

二番よりは一番がよい。

先行者利益をとるにはスピードだと。

不完全なモノに早く乗っかったお客様が損するのでは?

貴重なご意見を頂戴できるので、完成品よりも手厚いサービスでおもてなし

すればよい。

満足してもらえるか、コストは合うか、継続できるサービスか・・・・・?

結局リリースしてみなきゃ分からない部分のハナシですね。①と同じ。

僕なりの解釈は以上のとおりです。

いいコトバですね・・・・・

年間スケジュール

2012年02月03日 [ カテゴリー: 仕事 ]

来期の事業計画の最重要アイテムは、年間スケジュールだと思っています。

実は大して難しくないんですが、これが無いとやはりハナシが始まらない。

作成手順は・・・・・

①休日の決定(全社定休日と各月の休日日数)

②社内行事・会議等の実行日決定

③参加団体等の外部行事予定確認

④計画実行に必要な準備の締切設定(ToDo)

ポイントは、必要な仕事を、その仕事の都合だけで並べ、後で調整する事。

AというプロジェクトはAのベスト段取りを。

同じくB、Cとベスト段取りを他との兼ね合い抜きでカレンダー上に並べていく。

そうすると、出張と社内会議とか、半日かかる仕事が同じ日に3つとか、

物理的にムリなカブりスケジュールが出てくる。

そこで初めて優先順位と難易度、その件に関わる人数等を基準に日程調整です。

これで完成。年々カンタンになるのは、毎年同じ事は同じ時期に同じ方法で

やってる事に気づくからです。

スケジュールありきで、ぜひ夢でない実行可能な計画を。

スイッチ

2012年02月01日 [ カテゴリー: ひと ]

昨日ひょんな事からある人とご飯を食べに行きました。

あるきっかけで気持ちのスイッチが入ったら、途端に仕事の成果が出てビックリ

してると。

何が変わったんでしょう?

スイッチが入ると、時間の使い方が変わるんだと思います。

やる事がハッキリしてるので、意外と一日にやる事が多くなる。

あれもこれもやるので、間違いないように確認が増える。

確認が増えるので、間違わない。

間違わないから、成果が上がる。

スイッチが入ってるときは、この上さらに次の事を考えてるから明日も良い。

印象深かったのは、平日は、仕事が終わっても仕事の事を考えているんだと。

どんな事を考えてるんだ?そんなに仕事ばっかりじゃつらくねぇか?

と思って聞いてみると、明日の段取りだと 笑

必死でやって、振り返ってみると成果がそこについてきてるという。

こういうカンジで仕事と向き合えれば、間違いなく手応えが出てきますね。

いろいろ分かってきた事があるみたいで、いろいろ話を聞かせてもらいました。

いいと思います。スイッチ。

Page 1 of 11
▲TOP