大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

社長の言う事ってムリなのか?

2011年07月22日 [ カテゴリー: 仕事 ]

「社長の言う事も分かるけど、理想と現実は違うよなぁ・・・・・」

「そうなりゃ確かにいいけど、ちょっと現状ではムリやろ・・・・・」

って人が多いので、こんなハナシ。

毎年一回戦負けのチームが、三年生の抜けた新チームで県大会優勝を目指すと

しましょう(今回は野球でもサッカーでも何でもいいです)

たいていの選手が「そりゃムリやろ」と言うでしょう。

チーム作りに3年かければ可能だという人もいるでしょう。

どちらも間違いです。

新3年生には、こっから一年しか時間が無いからです。

負けっ放しはイヤだから、新3年生が自分達で決めた目標だからです。

じゃあ、頑張れば、根性と気合いでなんとかなるでしょうか?

もちろんムリです。

限られた時間内にやれることを全部やって、あとは試合で全力を尽くす。

自分たちで出来るのはこれしかない。

だからどう頑張るか?しかも限られた時間内で。

どんな競技でも

①相手の得点を抑えて

②こっちは相手より得点する

この2つで勝てます。これでやるべき事は2つに分割出来ました。

まずは「得点で相手に勝つ」か「負けない(得点させない)試合をするか」

これでオフェンスを優先するかディフェンスを優先するかが決まりました。

時間は限られてるので、どちらを先に練習するかはヒジョーに大事な問題です。

こんなカンジで、一見無謀に見える目標も、細かく分けて優先順位をつけ、

限られた時間内で効率的に問題解決の糸口を探せれば、必ず達成出来ます。

ただし「理屈の上では」です。

この土台として必要なのは「絶対に達成する」という気持ちです。

時間は最長1年。

仕事で言えば決算が最終結果なので、今期の目標は今期中に達成しなければ

意味がありません。

大きな問題を細分化して結論づけていく能力と、締切に合わせてやるべき事を

スケジューリングする能力、その上に絶対に目標を達成しようという強い意志。

この3つがあれば、たいていどうにかなります。

端からあきらめるよりは、がむしゃらにやってかいた汗だけで「仕事した」って

気分に浸るよりは、本物の達成感が味わえそうな気がしませんか?

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP