大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

社長って現場が分かってないのか?

2011年07月20日 [ カテゴリー: 仕事 ]

「社長(部長)は現場の事が分かってない(見えてない)!!」っていう人が多いから、

こんなハナシをしてみます。

サッカーで例えると分かりやすい。

作戦は、サイドから高いボールを放り込んでアタマで押し込め、だとしましょう。

なぜなら、こっちのフォワードはヘディングの競り合いに強いからです。

得点の可能性が一番高いからです。

ところがサッカーの場合、いつもうまく得点出来るわけじゃない。

センタリングは良かったけど、マークが外れてなかったから決まらなかったり。

フォワードのマークは外れてたけど、相手のサイドバックを振り切れずに

センタリングがうまく上がらなかったり。

どちらの場合も結果を見れば「点を獲れてない」なんですが、

①フォワードがマーカーをうまく振り切って

②サイドの選手がいいコースにセンタリングを上げる

これがどっちもうまくはまったら?

やっぱり作戦は間違ってないですよね。

要は作戦の実行段階に二つの壁があるってだけの事なんです。

選手はピッチ上で1対1のせめぎ合いをしてますから、目の前の相手はよく見えてる。

監督はベンチからピッチ全体を見てますから、局面の「1対1」以外、例えば

フォワードのゴール前への入り方とか、サイドでの「1対1」の攻防の逆サイドなんか

が見える。

そして得点のカギは、①と②が同時に成立する事。

選手はピッチ上でしか見えない「うまくいかない理由」を監督に伝え、監督は選手に

見えないピッチ全体の情報を伝える。

その上で何が何でも①と②を同時に成立させるため、細かな軌道修正を繰り返す。

これが勝利の秘訣です。

選手と監督の視点の違い、これが上司と部下の視点の違いです。

違いを認めて、ジブンには見えない部分の情報を相手の情報で補う。

「分かってない」ではなく、「視点が違う」のです。

「作戦が間違ってる」ではなく、「実行段階に解決すべき問題がある」のです。

カギは相互の情報共有で、どちらかが視点の違いに気づかず情報をシャットアウト

するのが一番もったいない。

反省反省・・・・・

皆様からのご意見・ご要望

»
  1. こんにちは
    Tと申します、メールにて失礼します。
    私は東店にお世話になり、佐野の〇〇〇〇〇〇〇〇に住んでいるものです。
    隣が空家で鳩よけネットに破れがあり(ひもがあれば結んで修復出来ると思います。)鳩が住み着いて、うるさくて臭いので困っています。
    マンションの管理人さんから、連絡してもらったのですが、来ないのでこちらから連絡して欲しいと言われましたので、そちらの管理センターに連絡を入れたのですが連絡がなく、しばらく我慢していたのですが、我慢できずもう1度電話入れた所、前回の記録も残っており、間違いなくこちらの携帯に連絡するとの返事でしたが、今回も連絡がありませんでした。東店にメールも入れてみましたが、これも返信もありません。大分大在店の管理物件か確認した所、やはりそちらの管理物件のようです。こちらになのか落ち度があれば別ですが、こんなに無視するのはなにが問題なのでしょうか?転居するときもこんな感じなのかとあきれています。

    ※頂戴したコメントはそのままですが、個人を特定する入居者様のお名前と物件名及び部屋番号の記載箇所のみ伏せさせて頂きました事をご了承ください。

    コメント by 徳永 明紀 — 2011年7月21日 @ 8:21 PM

  2. T様

    初めまして。
    遅い時間に失礼いたします。
    プロパティワコーの齋藤と申します。
    ブログへ頂いたコメントを拝見しました。
    T様には大変不愉快な思いをさせてしまいました。
    誠に申し訳ございませんでした。

    今日は私が出張中のため頂いたコメントの確認が遅くなりましたが、
    弊社賃貸管理部と賃貸仲介営業部の責任者に連絡がつきました。
    明日の午前中に責任者よりお詫びと今後の対応についてご連絡させて頂きます。
    朝一番に対応の遅くなった経緯を調査させますので、少しお時間を下さい。

    こうやって実態をお知らせ頂いた事に、心から感謝しております。
    ここまで遅れをとった対応にご満足いただける事はないかもしれませんが、
    ともかくこれからできる事を全てやらせて頂きます。
    誠に申し訳ございませんでした。

    まずは取り急ぎお詫びとご報告まで。

    プロパティワコー株式会社
    代表取締役 齋藤正浩

    コメント by msaito — 2011年7月21日 @ 11:27 PM

TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP