大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

仙台地区応援視察⑦

2011年06月16日 [ カテゴリー: 仕事 ]

バスは再び東北自動車道を経由して仙台へ。

最後の視察地、高速道路を境にして津波に壊滅的な被害を受けた海側の新興

住宅地にあった小学校に行きました。

地震発生直後、体育館に避難した多くの近隣住民が、一瞬にして津波にさらわれた

そうです。

慌てふためいて逃げてきて、とりあえずは安全な避難場所でホッと一息のはず

だったのに・・・・・安心、安全な場所だったはずなのに・・・・・

小学校の多くは耐震補強が進んでおり、今回の被災地の中でも地震で崩壊した

という事はほとんどなかったと報道で目にしました。

ただ沿岸部で津波が直撃した建物というのは、津波の威力がいかに人知を超えた

ものであったかを物語ってます。

体育館の2Fギャラリー部分の窓はすべて割れており、波の高さがわかります。

警報が出てから到達までは間もなかったことでしょう。

海岸の防風林をなぎ倒し、家々を飲み込み、やがて避難者であふれる体育館の

フロアを一瞬で覆いつくし、跡形もなく全てを流していく黒い波・・・・・

校舎玄関の掲示板には「卒業式予行演習」との当日の行事予定。

校舎3階部分の時計は発生時刻の2時46分を指したまま止まっています。

なんとなくしんみりせずにはいられない光景で、最後の最後にまたコトバを失った

小学校を後にして、仙台駅前で解散した1泊2日の応援視察でした。

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP