大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

仙台地区応援視察⑥

2011年06月15日 [ カテゴリー: 仕事 ]

衝撃的だった女川を後にし、昼食のため再び石巻に入ります。

まずは付近の多くの人を救い、助かった人たちが惨状を目の当たりにした6階建ての

立体駐車場を見学です。

EVは壊れており、非常階段で最上階へ。

付近が一望できる場所で、当日命からがらここへ避難した駐車場の管理人さんの

お話を伺いました。

第二波、第三波と押し寄せる津波に街が呑み込まれていく一部始終をなすすべなく

見ていたその女性は、最後は涙交じりになっていました。

道路向かいのビルの窓枠に必死でしがみついている人や、どんどん流されていく

橋の上に停まっていたクルマが次々流されていく様子とか・・・・・

そりゃたまらないだろうと思います。

ただ救いは、近隣の町内会からの要請でこの立体駐車場ビルが「防災拠点」と

して新しい役割を担っていくとの事。

犠牲者の方々への誓いというか、生き残った方々が今回の震災の教訓を犠牲者の

方々のために活かしていくシンボルというか。

きっとこれからの石巻になくてはならない建物になっていくんだと思います。

そこから昼食会場へ。

冠婚葬祭なんかで団体客の利用が多そうなお店でしたが、エントランスホールの

雰囲気がなんか違うんです。

よく見てみると、古着屋さんかのように衣類がハンガーやテーブルに陳列されている。

貼紙には「必要な方はお持ち帰りください」と。

救援物資として寄せられた衣類だったんです。

ベビー服からレインコートのようなものまで。

見に来て、手に取ってる方もいらっしゃったんで、きっとどこかで役に立つんでしょう。

地元ののために出来る事、をカタチにした結果なんでしょう。

地元とともに頑張っていく、というそのお店の決意なんでしょう。

助け合いやなぁ・・・・・と感動しつつ、地元産の海鮮料理に舌鼓。

再びバスに乗り、仙台へと向かいますが、最後に寄った小学校のハナシは次回に。

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP