大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

仙台地区応援視察①

2011年06月10日 [ カテゴリー: 仕事 ]

6/5(日)、6/6(月)の2日間、全管協九州支部主催の仙台地区応援視察に参加

しました。

震災発生から約3ヶ月。

こと仙台に限った話をすれば復興のスピードも速いようで、地元の方々からも

「まず見に来てくれ」との声がありました。

当日の事、直後の事、余震の事、現在の事・・・・・

とにかく業務面、生活面にどのような支障が出るのか、それをどう克服すべきか。

また、全住協で進めている災害時住宅支援制度がどのように機能しているのか。

問題点とこれからの準備をどう進めていくべきか。

やはり早いうちに実際の現場を見て、聞いて、ノウハウを一つでも多く吸収したいと

思い、即参加を決めました。

初日は会議形式で仙台地区、福島地区からご参加いただいた企業の方のお話を

伺い、われわれが質問する時間をいただきました。

一つ一つの事例と教訓を挙げればきりがないですが、重要なキーワードは

「専業化」「分業化」である事が分かりました。

まずは状況把握のための情報収集。

発生直後には、テレビ、ラジオ、インターネットを駆使して

「どこで何がどうなってるか」を集める。

もちろん最優先は安否確認=「どこで誰がどうしてるか」である事は

言うまでもありません。

次に「全ての人が同じ目的で動く」パニックへの対応です。

クルマにガソリンを入れる、生活に必要な物資を調達する、罹災証明を取得するetc

特にガソリン、生活必需品は入居者の皆さんを助けるわれわれが動くために必要

です。

一日皆さんのために走り回った我が社の社員が、クルマはガス欠、夕飯も食べられ

ないでは出来る事も出来なくなってしまう。

物件の状況確認も、入居者の皆さんからのお困り事の電話受付も、専業化して

分業化しない事には捌けない。

まさに「全ての人が同じ目的で動く」状況に対応するための臨戦態勢を準備しなく

てはいけません。

それ一つとっても途方もない苦労です。

九州は台風の通り道なので、一日限りのパニックは数多く経験しています。

その大変さも・・・・・しかもそれがいつ終わるとも分からず延々続くわけです。

準備と言って何がどれくらいいつまでに出来るかはさておき、少なくともこの

キーワードを理解出来た事は大きな収穫となった会議でした。

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP