大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

正しいオペレーション

2011年05月09日 [ カテゴリー: トピックス ]

生食用の食肉の問題が連日報道を賑わせています。

仕入の問題か、焼肉店内部の取扱いの問題か、はたまたその両方なのか。

いずれにせよ、人が口に入れる「食物」を取扱うにあたり、正しい方法で、正しい

判断がされていたのかどうかが気になります。

ガイドラインの有無、制度の問題もあるでしょうが、それ以前の部分から正すべき

ではないでしょうか?

騒動後も、衛生管理に自信ありのお店ではユッケがフツーに出てるとの事。

そこが万全であるという前提で、初めて流通上の「生食用食肉」の定義、制限の

ハナシが更なる安全性を補完する、というのが筋ではないでしょうか?

開封後何時間までユッケの材料にしていいとか、外側を削ぎ落としてから使うとか、

その包丁とまな板はこういう風に消毒するとか・・・・・

当たり前やろ!という事から見直しなんでしょう。

でも、万全を期するってそういう事。

ヒヤッとした、ハッとした、という出来事の裏に、何十倍もの重大事故の芽が隠れて

いるという、あれですね。

正しいオペレーションが寸分違わず機能しているというチェック。

この教訓は、」飲食業だけでなくわれわれ不動産業の中にも活かされるべきです。

それだけ価値のある「一生に一度」の商品を取扱う者として。

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP