大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

営業はミズモノ?

2011年05月08日 [ カテゴリー: 仕事 ]

4月の締めが終わり、5月の計画の微調整が終わりました。

毎月月末に締めの予測をし、翌月以降の計画を練り直します。

計画は常に逆算です。

予定している結果だけは何があってもずらせない。

「こうなりたい」を数値化したモノが計画ですから、予定している結果を安易に

ずらせば「こうなりたい」は叶わなくなる。

年度計画が月次計画に、月次計画は週間計画に、週間計画は日次計画に

なるわけですから、なんとなく過ごせる一日というのはあり得ない。

今年担当役員として指導にあたっている賃貸仲介営業部では、とにかく徹底して

スケジューリングにこだわっています。

成功シナリオをアポイントで確定していき、万全の準備で結果に変えていく。

営業はとかく「お客様あって」のモノだからとあたかも不確定要素だらけのように

語られます。

しかし、エリアマーケティングから主力商品のピックアップ、販売計画まで

何ひとつ不確定のまま出来る事はありません。

結局のところ、スケジュールを主導できない人が失敗の原因をお客様にこじつけてる

だけのハナシ。

必勝パターンは偶然では作れない。

70%程度の確度の計画を、スケジュールに沿ってスピードを持って実行に移す事。

100%に近づけるには、結果を分析しながら計画との誤差を埋めていくしかない。

こうして考えると、営業のどこが不確定なんだというのが個人的な意見です。

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP