大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

東北高校の選手

2011年03月29日 [ カテゴリー: ひと ]

春の高校野球で、東北高校が登場。

残念ながら初戦敗退となったようですが、多くの方々の声援を背負って、いつにも

勝る高揚と、いつにも勝る重圧の中で普段通りの力が出せたかどうかは

推して知るべしでしょう。

キャプテンは試合前から幾度となくインタビューを受けていましたが、とても抑制の

効いた、一言一句を選んで口にしている様子がよく分かりました。

地元での壮行会では

「ホントにこんな時に(甲子園に)行っていいんだろうかと思いましたが・・・・・」

敗戦後のインタビューでは

「これから地元に戻ってボランティアに力を入れて・・・・・」

スポーツ選手がプレー以外の事で注目を浴びるという事は、プレーの結果が

伴っていない時はとても複雑なモノ。

それでも彼は終始「公的な」発言に終始した。

この彼のスタンスは立派な大人の立ち振る舞いです。

ある選手のおばあちゃんが

「帰ってきたら一番に『よくがんばった』って抱きしめてあげたい」

と言っていました。

これがなによりなんでしょうね。

悔し涙も、重圧からの解放感も、やはりこういう時は家族にしか見せられない

「私的」な部分なんでしょう。

東北高校の選手たち、ホントにおつかれさまでした。

彼らが一日でも早く日常に戻れることを願います。

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP