大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

東京二日目、聞いた事、感じた事

2011年03月17日 [ カテゴリー: 雑感 ]

震災後の昨日、東京に着いて、なんとなく感じた雰囲気を昨日のブログに書きました。

今日は午後から2本の打合せ。

実際に震災当日の体験者から話を聞くことができました。

ちょっとアクシデントがあり1本目の打合せに15分ほど遅れましたが、震災後の

待ち合わせはこの手の遅れが頻発しているとの事。

計画停電による電車の運休が相次ぎ、移動が全く計画通りにいかないらしいです。

2本目の打合せ相手の会社は、通勤出来ない社員が多く、現在自宅待機になって

いるらしい・・・・・

コールセンターを運営している会社ですが、電気が停まればその業務もたちまち

混乱。

日頃は迅速対応がウリのコールセンターも、事実確認が精一杯の状況でしょう。

今はこの手の出張サービス的なモノは全てマヒしていると思った方がいいようです。

そして今なんとなくみんな気味悪いカンジでいっぱいなのが、福島原発の放射能

被害です。

東京駅にはトランクや大き目のカバンを持ったお子さん連れのお母さんが多い。

夫婦どちらかの実家に緊急避難するご家庭が多いようです。

小さいお子さんのいる家庭は、大丈夫、人体に影響のあるレベルではないと

聞いてもやっぱり放射能の検知が報道されると気持ち悪い。

心配し過ぎは混乱の元だと分かっていても、親の心境っちゅうのはそんなモンです。

ひと通りの打合せが終わり、ちょっと困るなって話題になったのは、仕事のハナシ

ではあるけど「今言っていいものか・・・・・?」って類の事です。

例えば提出物の催促。

例えばフツーの「(仕事上)メリットのある話」の類。

どちらもフツーの仕事のハナシ。日頃であれば「早く言えよ」ってハナシなんですが。

どうにも今は切り出しにくい雰囲気があるんです。

ちょうどニュースではプロ野球の開幕の話題が。

「不謹慎?」って気遣いがいるんです。今は。

やむを得ない事ではあると思いますが、ヒジョーに難しい。

これはなんとも言えない閉塞感です。

そんな中、今日も夜になって余震がありました。

幸い、怖いレベルのものではなかったんですが。

これでまさに今が震災の真っ只中であるという現実に否応なしに引き戻される。

徐々に、徐々に日常へと戻りたい心境なのに・・・・・

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP