大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

かっこいいのか?それ・・・

2010年08月30日 [ カテゴリー: 仕事 ]

かっこいい人が多いんです。ウチの会社(笑)

何か間違いを指摘すると、実に潔く間違いを認める。罰を要求してくる。

一番ビックリしたのは、期限までに迷って迷って賞与の支給案を出さなかった

部門長に「期限までに出さないという事は、全員賞与ゼロですか?」って

聞いたら「決められないから(案が)出せなかった。(案を)出さなかったのが悪い

から賞与が出ないんだったら、私が全員に(私的に)出します」と。

(私的に)出したい金額があるなら、締切までに持ってきてよ、と(笑)

それはさておき、かっこいいですね・・・・・

なんか一見かっこいいですね。

ただ聞きたいのは、それで誰に、何を伝えたいのかというところ。

【伝えたい事】「締切を守らないのは悪い事だぞ!」

これはあってる。

【伝える方法】「だから私が私財を投げ打ってみんなに賞与を出す(私が悪いから)」

これが違う。

だったら「私が締切を守らなかったから、ウチの部門だけ賞与はゼロだ。締切とは

これだけ重いものなんだ。今回はスマン。私も今後締切を必ず守るから、みんなも

締切は必ず守ってほしい」こう言ってもらいたい。

自己犠牲の精神は、決して人を動かしません。

ミスを教訓にしたいなら、「自分だけ損」をして見せないでください。

みんなが損するから、みんなにとっても痛みが身に染みる結果になる。

だからそれ以後締切が軽いものにはならなくなる。

それが筋だし、筋で話をしてくるから信用できる。

「筋を通す人」が通した筋だから、痛みを伴っても「言わんとする事」が分かる。

「筋を通す人」が「言わんとする事」だから、痛いけれども納得がいく。

「あの人がここまで言うんだから仕方ねぇ」と。

これでモノを教えられる人が、かっこいい人です。

自己犠牲・・・・・まぁ、残念ながらオナニーに等しい、というところでしょうか。

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP