大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

スケジュールと会議と評価と賞与の関係②

2010年07月28日 [ カテゴリー: 仕事 ]

シリーズ第二回ではスケジュールと会議の関係の話を。

 

会議って何のためにやるのか?

①やるべき事を決めるため

②情報共有のため

③周知徹底のため

目的はこの3つです。

 

じゃあスケジュールって何のために決めるのか?

①期限を決める

②やるべき事をやこなせる時間があるかどうか確認する

③外せない用件と後に回してもいい用件を区別する

この3つが目的です。

 

という事は、スケジュールと会議の相関関係は?

やるべき事を決めなきゃいけない期限を、スケジュールにおとして確認する。

望む結果のために『こうあるべき』『こうしなきゃいけない』と考えるから、

“目標”ってのが決まるわけですね。

次は『いつまでに』ってとこを確認して、望む結果を上げるために必要な事を

いつまでにしなければいけないか確認して期限が決まる。

その期限までに準備をし、実行するから『こうなりたい』って事が実現する。

実現すれば、望むものが手に入る。目標達成です。

 

ワールドカップでいうなら、予選リーグの最終戦みたいなものです。

勝つだけじゃいけない。“2点差で”勝たなきゃいけない。

これが予選リーグ突破の条件だとすれば、後半45分までに2点差で勝つのが

『目標=いつまでにこうなりたい』です。

じゃあ、後半20分でスコア0-0、この状況で引いて守って“負けない試合”は

やってらんない。これが現状。『目標を達成する=予選リーグを突破する』ために

『2点差で勝つサッカー』に戦い方を変えなきゃいけない。

いつまでに?試合終了の後半45分までに。これが期限=スケジュールです。

試合の流れを変えるために20分は必要だとすれば、悩んでいられる時間は

あと5分。5分以内に『2点差で勝つサッカー』に戦術を変えなければ、予選は

突破できない。

そこで5分以内にコーチと監督が交代する選手を呼んで、勝つための指示を出す。

これが会議です。

 

目標が『望む結果』で決まり、『いつまでに、どうなりたい』から期限が決まり、

『そのために、どうしなきゃいけない』を逆算していくうちに、『ここまで悩んでいい』

という個々の期限が決まる。

悩んでいい間に、あらゆる選択肢を検討し、期限までにどうするか決める。

これが会議です。

 

勝てない試合をしないために、スケジュールに沿って会議で勝つ方法を決定する。

勝てますね、これなら(笑)

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP