大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

共同廃棄という発想

2010年07月15日 [ カテゴリー: ひと ]

北海道二日目はB社のNさんにナビゲートしていただき、B社見学です。

管理戸数は25,000戸、弊社の約10倍の規模の会社です。

システムの連動、部門の形態、店舗でお客様をお迎えするコンセプト、手順など、

およそ数年以内に大分でも訪れるであろう「進化形」を体感するいい機会でした。

 

B社のM社長にも初めてお会いする機会をいただきました。

先見の明と、そこに積極的にチャレンジなさる旺盛な意欲、好奇心、その裏にある

緻密な組み立て・・・・・ジブンがM社長の年になった時、果たしてそんなものが

身についているだろうか?大きな差は実感すべきですが、そこへ向かうという

意欲を失ってはいけない。日々努力、日々勉強です。

 

札幌も大都市だけあって、空室問題はなかなか深刻です。

M社長のお言葉で印象に残ったのは「共同廃棄」。

空室にリノベーションを加える→その建物が満室になる→別の建物に空室が出る

→リノベーション・・・・・

結局、過剰供給の負の連鎖を断ち切るには、現に一定数存在する過剰供給分の

空室物件をどこかで「共同廃棄=間引き」しなければ収まらないだろう、というのが

M社長のお考えです。

リノベーションはわれわれ管理業者の収益チャンスではある。

それはありがたいが、本当にわれわれのクライアントであるオーナー様の利益を

考えるのであれば、公的資金による共同廃棄の発想がどこかで必要になるのでは

ないか・・・・・

目からウロコのお話でしたが、製造業や小売業(在庫一掃大安売り的な)では

やってる事ですもんね。

 

朝の貴重なお時間を、われわれ若輩者の指導に充てていただいたM社長。

本当に本当にありがとうございました!

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP