大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

会議は悪か?③

2010年07月07日 [ カテゴリー: 仕事 ]

会議って結構やる事多いですね。

こんなにやる事、言う事がたくさんあるのに、一回で済ませようという発想が

そもそも最大の間違いです。

意見が出ないんじゃなくて、考えていないんじゃなくて、「目的・大義」が

分かってないから、社長と上司以外は意味がわかってないんですよね。

意味がわかんないのに仕事は増える、怒られる、あてられる、意見が無いって

また怒られる、結果が出ないとまた怒られる・・・・・オモシロイわけないですよね。

 

①議題に取り組む目的が理解出来てるので、発想出来る。参加出来る。

②判断材料が示されるので、短時間で決定出来る。納得出来る。

③採り上げる議題が少ないので、短時間で終わる。

④短時間で終わるけど回数が多い。

⑤大事な事ほど短いコトバで、何回も言う。

 

そうすると、短い周期で決定→チェックが行われ、行動が修正出来る。

大事な事はいつも繰り返し言われるので、いつの間にか覚えられる。

短時間で終わるから、苦痛にならない。

ジブンの意見が言えるから、ジブンの考えが採り上げられるから、仕事が楽しめる。

まずかったところにチェックが入り、都度修正されるから結果が出る。

目的・大義・目指すゴールはしっかりわかってるので、くじけない。

 

理解して、考えて、認められて、成長できる仕事は手ごたえがあって楽しいんです。

やらされ仕事で意味もわかんない仕事はつまんない。

そんな事をやらせる社長は、上司は、キライになって当たり前。

会議は短時間で、やるべき事を小分けにして、回数を多くが正解です。

会議ってのは本来、コミュニケーションの場であるべきです。

わかり合う事は、心地よい事。

苦痛を感じる場ではないはずです。 

 

長~いメールを1回もらうより、短い内容で何回もメールをもらった方が

その人に好感をもつものらしいです(心理学の本に書いてました ♪ )

結局、人と人とのコミュニケーションは、回数を重ねた上で蓄積される時間

に比例して深まるという事でしょうか。

 

そんだけ分かってたら、もうちょっと嫁とうまい事やれよ、って言われそうですね(笑)

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP