大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

怖い見通し

2010年06月17日 [ カテゴリー: 仕事 ]

大分の地銀の雄、大分銀行さん主催のセミナーに参加しました。

早稲田大学大学院教授の野口悠紀雄先生が講師でした。

先生は『「超」整理法』『「超」勉強法』などの著書で有名な方だそうで、

専門はファイナンス理論との事。

非常に中身の濃いお話ではありましたが、その中でも衝撃的だった

お話をひとつ紹介します。

 

日本の製造業は間違った方向に向かっていると。

大きな間違いは、新興国に向けて製品を販売しようとしている事だと。

日米の主要製造業の利益率を比較すると、格段の違いがある。

それがこのスタンスの違いで、アメリカの企業は新興国の「労働力」を

利用し、製品を安く作り、先進国市場で高く売る。

一方、日本の企業は販売市場を新興国に求める。

新興国で言うところの「中間層」の人口は確かに魅力的な規模で

存在するが、そこの国で言う「中間層」は日本で言う「中間層」とは

程遠い所得だと。

つまり高い人件費で国内生産した製品を、購買力のない地域で安く売る。

こりゃ儲かるわけないって話でした。

 

本当に日本の基幹産業である製造業は、このような大きな間違いを

犯しているのでしょうか?

だとしたら、他の先進国は良くなっても、日本は良くなる芽が

無いじゃないですか!

怖い見通しですが、もしそうだとしたら・・・・・という前提で、というと

要するに「まだまだ景気が良くなるには程遠いぞ」という前提で、

自分たちのスタンスを「不景気シフト」にしておかなければいけませんね。

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP