大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

カレーを頼んだのに・・・・・

2010年06月04日 [ カテゴリー: 仕事 ]

先月の振返りで評価面談をしました。

各部門長に「評価面談シート」を作ってもらったのが先月初め。

今回はそのシートを使って初めての面談です。

一様に皆「なんか違う・・・難しい・・・」と悩んでいます。

実は、人を評価するのは結構難しいのです。

 

評価=良かったか悪かったか、とすると、何が「良い」で何が「悪い」んでしょう?

「俺から見れば、まぁ出来てる方かな」なんてのは一番怪しい評価ですね。

誰から見ても良いか悪いか一目瞭然ってのが、評価の理想です。

これなら誰も文句がない。

 

これは上司のオーダーの精度によるところが大きい。

ハッキリとした目標が出ていれば、それを達成したか否かですから、

誰から見ても良い、悪いがブレない。だから数値で語る評価は簡単です。

「○○について努力したか」みたいな項目は最悪です。

「努力したか」の基準が絶対に上司と部下で違うからです。

上司は結果で見てるのに、部下はプロセスで見てたりするからです。

 

喫茶店でカレーを頼んだとします。

ところがマスターが「心をこめて作ったカルボナーラです。どうぞ召し上がれ」

的なカンジで、オーダーと違う料理を満面の笑顔で出してきたら・・・・・

食べませんよね(笑)頼んでないから。

 

結果を見る上司と、プロセスをアピールしたい部下。

カレーを食いたい上司と、この場面ではカルボナーラだろ、と思ってる部下。

上司は「俺が頼んだのはカレーだろ」と。

部下は「でも僕、心をこめて僕の得意なカルボナーラを作りました」と。

上司は「心をこめたってカレーじゃねぇだろ」と。

部下は「心をこめて作ったのに、なんで食べてくれないんだ?」と。

 

カレーを注文されたら、カレーを出すのが正解。

いくら心をこめたからって、いくら努力の結晶だからって、

カルボナーラを出したらダメなんです。

オーダーはハッキリしてなきゃいけないし、いくら努力をしても、時間をかけても、

オーダーされたものを届けられなきゃ評価はされないという事です。

 

上司たるもの、部下への指示は明確に。

部下の務めとして、まずは指示に沿って行動し、結果を出す事。

「私の提案」は、その後に出したら「よく頑張ってる」になりますよ。

皆様からのご意見・ご要望

» TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP