大分市の不動産会社 プロパティワコー - 大分の賃貸物件、売買物件を提供。アパマンショップ3店舗を展開。

社長のアタマ – プロパティワコー社長ブログ

確かにそう・・・・・薄情け(うすなさけ)

2010年05月22日 [ カテゴリー: トピックス ]

車を運転しているときに聞いたラジオでの話。

現在43歳のパパイヤ鈴木さんのお母さんの口癖は「そのくらいの事では死にゃあせん」だったとか。

今、その言葉を親として聞くと、「乱暴な言い回しだなぁ」という半面、

「親として自分が過保護過ぎるのかなぁ」とも思ったと。

 

僕はこの話を聞いて、世の中に蔓延している「薄情け(うすなさけ)」のせいだと思いました。

 

例えば、学校に校則があるのはなぜなのか?

子供が大人になると、否応なしに社会のルールに従わなきゃいけない。

ルールというのは絶対で、社会のルールに逆らうと「犯罪者」になる。

だから学校で「ルールは絶対に守らなきゃいけない」という事を教える。

「校則を守る」という事を通して。

髪の毛がまゆ毛の上○○㎝である事が大事なんじゃなく、

廊下を走っちゃいけない事が大事なんじゃなく、

それがルールだから守らなければいけない、という事が大事なんです。

 

ところがそれを「個性の尊重」だとか「自由」だとかの話、

まさに「薄情け」で親がひっくり返す。

校則が厳しい事に親が助け舟を出して守ってやると、社会の厳しいルールを

自分の理屈でひっくり返す大人が出来てしまう。

校則は社会のルールを守るための練習で、髪の毛を短く切ろうが

廊下を静かに歩こうが「死にゃあせん」のだ、と言わなければいけない。

 

一事が万事とまでは行かないにしろ、「死にゃあせん」という励まし(?)で、

社会の荒波に揉まれながら生きていける準備を

子供たちにさせなければいけないなぁ、と思いました。

要らぬ助け船は、薄情け。

薄情けで守られた子供は、やがて社会の荒波にのみこまれていく。

 

会社のみんなに対しても、「死にゃあせん」の理屈で厳しく励ましていかなければ

かわいそうなのかもしれませんね。

皆様からのご意見・ご要望

»
  1. 同感です。

    薄情(はくじょう)という言葉、
    実は、「情が薄い」のではなく、この「薄情け」所以なのかもしれませんね。

    コメント by 六代目吉松 — 2010年5月26日 @ 9:21 AM

TrackBack URL

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております

Page 1 of 0
▲TOP